プロフィール

日向 夏生

著者:日向 夏生
あるときはソフトウェア開発会社の社長。またあるときはカメラショップの店長。
コンピュータ大好き、写真大好きのおやじでございます。
カメラの機材ネタやワンコネタ、ついでに親ばかネタと節操なく書きつづります。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

<< EF 28-90mm F4-5.6 II USM & エクステンションチューブ | ホーム | EF 28-90mm F4-5.6 II USM >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんと同じレンズ3個目です。

以前も書きましたが、カビ玉と正常なものとを比較するために同じレンズをもう一本準備しようとしています。

先に落札したものは光学系は問題ないものの絞りがおかしくて返品。
これで同じレンズ3本目ですが、ヤフオクにて落札です。

前玉の後ろに大き目の塵の混入があるということで、平均的な落札価格からかなり安くで決定してきました。
カビ玉との比較ですから、光学系はきれいなものと思っていましたが、前玉のチリであればまず影響は無いだろうということで安さにつられての落札です。

貧乏デジ一道的には安さをとるというのは正しい方向なので、これで良し!(笑)

早速試し撮り。

イチゴ


*EOS Kiss Digital
*EF 28-105mm F3.5-4.5 USM
*F4.5
*1/500秒
*ISO-100
*105mm(168mm)

うむ、いい感じです。
ただ、28-90mmに比較すると、最短撮影可能距離がやや長いためか、ボケの感じは28-90mmに軍配があがるような気がします。
28-90mmでも50cmよりも下がれば似たような描画になってくるのかもしれないですが、28-90mmは38cmまで寄れることも合って自然とボケやすい撮影になってきます。

このあたりもレンズの性格の違いなのかもしれませんね。

最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

<< EF 28-90mm F4-5.6 II USM & エクステンションチューブ | ホーム | EF 28-90mm F4-5.6 II USM >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。