プロフィール

日向 夏生

著者:日向 夏生
あるときはソフトウェア開発会社の社長。またあるときはカメラショップの店長。
コンピュータ大好き、写真大好きのおやじでございます。
カメラの機材ネタやワンコネタ、ついでに親ばかネタと節操なく書きつづります。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

<< 公園にて | ホーム | EF 50mm F1.8 II 続きます。 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EF 50mm F1.8 IIエクステンションチューブがあれば、もしかして専用のマクロレンズは不要かもと本気で思ってしまったわたしであります。

エクステンションチューブをつないだこのレンズでマクロ撮影を行なうと、3段全部使用するとほぼ1:1の接写が可能になってきます。

キャノンのマクロレンズの場合は、50mm、100mm、135mmとあったような気がしますが、50mmのマクロレンズの場合はそのままでは1:1にならなかったと記憶しています。

結局のところエクステンションチューブが必要となるなら、マクロレンズにお金をかけずにエクステンションチューブを使うというのが貧乏デジ一道的には正解になりそうな予感。

いろんな方に話を聞くと、とにかく50mmマクロの写りは別世界だからと言う言葉が返ってきますからきっと違うのだろうとは思うのですが、私のように安物レンズばかりで撮影しているとそういう感覚がよくわからなくなっちゃってたり。

もう、これくらいで十分すぎます。

アザミ


*EOS 10D
*EF 50mm F1.8 II
*F3.5
*1/4000秒
*ISO-800
*50mm(80mm)

最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

<< 公園にて | ホーム | EF 50mm F1.8 II 続きます。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。