プロフィール

日向 夏生

著者:日向 夏生
あるときはソフトウェア開発会社の社長。またあるときはカメラショップの店長。
コンピュータ大好き、写真大好きのおやじでございます。
カメラの機材ネタやワンコネタ、ついでに親ばかネタと節操なく書きつづります。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

<< おはぎ茶屋「おはな」 | ホーム | 写真撮影会@宇治%息子 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月14日の日曜日、京都宇治市内あちこちを撮影する会に参加してきました。

コースはこの時期最大の撮り物である紫陽花で有名な三室戸寺からはじまって、世界遺産の宇治上神社、宇治神社、そして10円玉の表に刻印されている鳳凰堂のある平等院。
これでもまだ撮り足りない面々は宇治植物園まで足をのばすと言う強行軍です。

我が家からはわたしと息子(中二)が参加です。

まずは三室戸寺。
朝の10時に集合と言う予定で開始された撮影会ですが、私たちがついた頃にはすでに他の面々は三室戸寺の中に入って撮影を開始していました。
どうせ中で会えるだろうと言うことで、わたしたちもぼちぼちと撮影をしながら進みます。

天気の良い日曜日でテレビラジオでも紫陽花が見ごろだと放送されていることもあって、とにかくものすごい人出です。
紫陽花を接写気味に撮るのでない限りどうしても人がフレーム内に入ってきてしまいます。
しかたがないので、参拝客と山門に背景になっていただきました。

山門


*EOS 10D
*EF 28-105mm F3.5-4.5 USM
*F6.7
*1/350秒
*ISO-400
*105mm(168mm)

三室戸寺の中はまさに見渡す限りの紫陽花たち。
色もふだん目にするピンクと紫だけではなく、深紅と呼ぶべきものやら真っ青と言うような色のものやら様々です。
花の形もいろいろでいったいどんだけの種類の紫陽花があるのか想像もつかないような感じです。

紫陽花


*EOS 10D
*EF 28-105mm F3.5-4.5 USM
*F8
*1/250秒
*ISO-400
*63mm(101mm)

ま、この時期あっちこっちのブログで紫陽花は見飽きているでしょうから(笑)、紫陽花はこれぐらいにしておきましょう。

紫陽花を撮る前にまずはお参りを済ませるのが本筋だったのでしょうけど、お参りが後回しになってしまったので、ごめんなさいをしながらお参りを済ませました。(汗

蝋燭


*EOS 10D
*EF 28-105mm F3.5-4.5 USM
*F4.5
*1/125秒
*ISO-200
*105mm(168mm)

絵馬


*EOS 10D
*EF 28-105mm F3.5-4.5 USM
*F4.5
*1/125秒
*ISO-200
*105mm(168mm)

これで一通り三室戸寺内での撮影は終わり、次の目的地である世界遺産宇治上神社へと向かいます。
宇治上神社への移動中もあっちにひっかかり、こっちにひっかかりしながらパシャパシャやるのが撮影会の醍醐味ですね。
いつもなら見過ごしてしまいそうなものを他の参加者がカメラを向けているのを見ると、こんなところにも良い被写体があったのだと気がつかされます。
一人で撮影しているだけでは絶対に気がつくことのできないことを教えていただくことができます。

そんなことを思いつつ宇治上神社に到着。

宇治上神社


*EOS 10D
*EF 28-105mm F3.5-4.5 USM
*F4
*1/250秒
*ISO-100
*48mm(77mm)

さすがに世界遺産に指定されるだけのことはあります。
一緒に撮影会に参加された方に話を伺うと、これほどまでに人がたくさんいたことは無かったそうです。
やはり世界遺産に登録されると言うのはそれだけ人が集まるようになるのだと言うことのようです。
写真を撮影する側からすると、人は少ない方がありがたいだけにちょっと複雑な心境かもしれませんね。

宇治上神社


*EOS 10D
*EF 28-105mm F3.5-4.5 USM
*F4
*1/125秒
*ISO-200
*53mm(85mm)

宇治上神社の撮影を終了した次はすぐ近くにある宇治神社へ。

宇治神社


*EOS 10D
*EF 28-105mm F3.5-4.5 USM
*F4
*1/90秒
*ISO-100
*75mm(120mm)

ここでも様々な撮影を行ないましたが、ちょっと写真が多くなりすぎてしまいそうなので一枚だけにしておきましょう。
先を急ぎます。

さて、宇治神社での撮影を終えてお昼にしようということで宇治川沿いを歩きます。
さすがに古都です。ごく普通に歩いているだけで、写真に撮りたいと思えるようなものが次々と現れてきます。

この写真はどこかの神社の手水舎と言うわけではありません。
こんな場所がごく普通に作ってあるのです。

手水舎


*EOS 10D
*EF 28-105mm F3.5-4.5 USM
*F4
*1/60秒
*ISO-100
*68mm(109mm)

宇治橋を渡って食事を済ませた後は、午後の目的地平等院へと向かいます。

途中お店が並んでいるあたりでも何気ないものたちをパシャパシャと。

飴


*EOS 10D
*EF 28-105mm F3.5-4.5 USM
*F5.6
*1/180秒
*ISO-100
*105mm(168mm)

湯呑


*EOS 10D
*EF 28-105mm F3.5-4.5 USM
*F4.5
*1/250秒
*ISO-100
*105mm(168mm)

平等院も有名どころですので、写真はたくさん必要ないでしょう。
これが平等院鳳凰堂だと言われてもわからないようなカットを一枚だけ紹介しておきます。(笑

平等院鳳凰堂


*EOS 10D
*EF 28-105mm F3.5-4.5 USM
*F4
*1/500秒
*ISO-100
*60mm(96mm)

予定していた平等院の撮影が終わったのが午後3時前。
まだちょっと撮り足りない気分の面々が次に選んだのが宇治市植物園。

これまた有名どころですので、きれいなお花を紹介するのは誰か他の方にお譲りしておきます。
植物園内でもあまり人が歩かないと思われるような裏手を歩きつつの撮影です。

宇治市植物園


*EOS 10D
*EF 28-105mm F3.5-4.5 USM
*F5.6
*1/90秒
*ISO-400
*72mm(115mm)

さすがにかなり暑い中を撮影して歩いて疲れましたので、植物園内にある喫茶コーナーで休憩。

椅子


*EOS 10D
*EF 28-105mm F3.5-4.5 USM
*F8
*1/250秒
*ISO-100
*83mm(133mm)

ここで次回の撮影会についてのミーティングを少々。
次の開催時期となると息子が夏休みに入ってからになりそうということで、ちょっと遠出しようじゃないかと言う話も出ています。
まだ時間があるので正式決定ではありませんが、ひまわり150万本と言うのがひとつの候補。
これまた楽しみです。

などと言っている間に、お開きの時間に。

ここからわたしと息子はかみさんの実家である、宇治の黄檗へと帰ります。

今日も朝から一日たっぷりと写真も撮って、おいしいものも食べて楽しく過ごせました。
参加の皆さん本当にいろいろとありがとうございました!

また次回もよろしくお願いいたします!!!

最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

<< おはぎ茶屋「おはな」 | ホーム | 写真撮影会@宇治%息子 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。