プロフィール

日向 夏生

著者:日向 夏生
あるときはソフトウェア開発会社の社長。またあるときはカメラショップの店長。
コンピュータ大好き、写真大好きのおやじでございます。
カメラの機材ネタやワンコネタ、ついでに親ばかネタと節操なく書きつづります。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

<< 馬見丘陵公園 | ホーム | 写真撮影会@万博記念公園 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中古品の EOS Kiss Digital を仕入れて来ました。
シルバーボディは近頃のデジタル一眼レフとしては珍しいかもしれませんね。
と言いつつ、EOS Kiss Digital の基本カラーはこのシルバー。日本でのみブラックボディが発売されてたりするんです。

と言うわけで、まずはこの EOS Kiss Digital そのもので撮影した写真を何枚か。 わたしにしては珍しく(?)、親ばか写真じゃないですよ。(笑



*EOS Kiss Digital
*EF28-105mm F3.5-4.5 USM
*F6.3
*1/200秒
*ISO-100
*78mm(125mm)

とある喫茶店の店先に咲いていたハイビスカスです。
赤色が飛んでしまいそうなところを微妙に堪えているところが素敵(自分で言うな)です。
このあたりは中級機に使われている撮像素子をそのまま使っただけあって手抜きはありません。
ついでに毎度言ってる画素数もこの機種は私の大のお気に入りの600万画素(3072x2048)。

さらに言っておくと、新しい EOS Kiss Digital N から EOS Kiss X2 までの(22.2x14.8)サイズよりも若干大きな撮像素子(22.7x15.1)を使用しています。
EOS Kiss X3 になってようやく撮像素子のサイズを大きめに戻し始めている(22.3x14.9)ようですが、それでもこの EOS Kiss DigitalEOS Kiss Digital シリーズの中で一番大きな撮像素子を使用していることはまちがいありません。。。って、4%ぐらいの話なんですけどね。(笑

次は、トリミングを行なった写真を紹介しておきましょう。



*EOS Kiss Digital
*EF28-105mm F3.5-4.5 USM
*F4.5
*1/320秒
*ISO-100
*105mm(168mm)

撮影したときの画素数が3072x2048=6291456。んでトリミングしたサイズが1166x1749=2039334と約1/3のサイズにトリミングしています。
だいたい200万画素の写真ってことですね。
それを320x480に縮小かけるとここで紹介している写真となるというわけです。
ブログ中心で写真を撮るなら、今時の1000万画素超えるようなカメラはまるで必要ないということがわかっていただけるのではないでしょうか?

次は接写してみた写真です。



*EOS Kiss Digital
*EF28-105mm F3.5-4.5 USM
*KENKO デジタル接写リングセット
*F4.5
*1/125秒
*ISO-100
*105mm(168mm)

いつも使っている EF28-105mm F3.5-4.5 USM に、ケンコー製のデジタル接写リングセットを2段ほどくっつけて撮影しています。「「貧乏」デジ一道」的に、高価なマクロレンズは使わず、安い接写リングですませてしまうところがミソ。(笑

今回は接写用としては使いませんでしたが、EF50mm F1.8 II と言うこれまた安い単焦点レンズとデジタル接写リングの組み合わせはなかなかに秀逸です。
そのあたりの話は、こちらを参照くださいませ。

*EF 50mm F1.8 II にエクステンションチューブを
*EF 50mm F1.8 II 続きます。

さてさて、次は高感度撮影話です。
この写真を見てもらいましょう。



*EOS Kiss Digital
*EF50mm F1.8 II
*F2
*1/80秒
*ISO-1600
*50mm(80mm)

ちょうど振り向いたタイミングなのでわずかながら被写体ブレしているようですが、これが初期のデジタル一眼レフエントリー機で最高感度まで上げて撮影した絵だとは信じられないというのが正直なところではないでしょうか。
わたしも最初に娘用の EOS Kiss Digital で ISO-1600 の撮影を行なったときに思わずうなった記憶があります。
今回もサンプル作ろうと思って、さくっと撮った割にはきれいな絵が出てきてますから皆様にも驚いていただけるとうれしいのですが。
このあたりはエントリー機とは言えコンパクトデジタルカメラとは一線を画していると言える部分だろうと感じます。
もちろん等倍で鑑賞するような場合にはノイズや輪郭のくずれに気がついてしまうと思いますが、このようなブログで紹介するレベルの写真であれば、ISO-100からISO-1600まで全ての感度で実用領域と考えて間違いないように思われます。



今日の記事は特定の商品にからんだ話なので、コメント欄は閉じておきますね。
問い合わせ先はこの後に示しますので、そちらからお願いいたします。

と言うわけで、長々とここまで読んでくださった方にお知らせです。
まだお店の方にも出してないこの商品ですが、欲しい人いたらぜひぜひ手をあげてくださいませ。
店頭価格14,800円(税込、送料別)ですが、「この記事を見たよ!」とお知らせくださった方には、14,159円(税込、送料別)と言う微妙な金額で提供いたします。

商品説明等まだ作ってないので、このカメラそのもので撮影したサンプルの写真と外装の傷やスレ、テカリなどを撮影した写真を以下の場所に置きましたので参照してください。

*EOS Kiss Digital 1110404783

また、商品チェックを行なった際のチェックシートは以下の場所においてあります。

*EOS Kiss Digital 1110404783 チェック項目表

縮小前の作例写真見てみたいとか、このボディにあわせるレンズはどんなの準備したら良いかとか、その他もろもろ問い合わせ、そして「このキスデジ欲しい~」と言う方はお気軽に以下のページからお問い合わせくださいませ。

*お問い合わせページ

その他メーカーが提供している EOS Kiss Digital 関連のページは以下の通りです。

*キャノン:EOS Kiss Digital
*キャノンカメラミュージアム:EOS Kiss Digital

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル : 写真

tag : EOS Kiss Digital ISO-1600

<< 馬見丘陵公園 | ホーム | 写真撮影会@万博記念公園 >>


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。