プロフィール

日向 夏生

著者:日向 夏生
あるときはソフトウェア開発会社の社長。またあるときはカメラショップの店長。
コンピュータ大好き、写真大好きのおやじでございます。
カメラの機材ネタやワンコネタ、ついでに親ばかネタと節操なく書きつづります。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

<< あれれ、寄れない。。。 | ホーム | smc PENTAX F ZOOM 35-105mm F4-5.6 試し撮り >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
610円で落札したsmc PENTAX F 35-80mm F4-5.6も届きました。

最初の印象は「軽っ!」です。(笑

早速写真を撮りに散歩にでかけることに。

35-105mmで気になった最短撮影距離に関しては、このレンズでは気になることはありません。
実測してみると、50cmよりは近づけるような感じ。

テレ端80mmを使ってぐっと寄ってみると、けっこう使えるという気がします。

わたしの好きな寄ってぼかしてと言う撮り方に合ったレンズと言えそうです。

ススキ


*K100D
*smc PENTAX F 35-80mm F4-5.6
*F5.6
*1/125秒
*ISO-200
*80mm(120mm)

ワイド端が35mmとなっていて室内で撮影をするときにはちょっと広角側が足りない(特にAPS-C判で)印象になってきますが、常用するお散歩レンズとしてはこれぐらいあれば十分かなぁと言うところです。

帰ってきてからRAWで撮影した写真を現像していて感じたのが、ちょっと雰囲気がMレンズに似ていると言うところ。

こないだ手放したsmc PENTAX-M 50mm F1.4が妙に妖艶な感じに写るのと良く似たような感じに仕上がった写真が何枚か出てきました。

35-105mmについては、このような印象を受ける写真が一枚もなかったですし、逆に底抜けに明るい印象を受けていただけに、逆にこんな軽いレンズでこのような印象の写真になってくるとは思ってもいませんでした。ちょっとこのレンズに対する印象が変わってしまったと言うところ。

妖艶


*K100D
*smc PENTAX F 35-80mm F4-5.6
*F5.6
*1/40秒
*ISO-200
*80mm(120mm)

最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

<< あれれ、寄れない。。。 | ホーム | smc PENTAX F ZOOM 35-105mm F4-5.6 試し撮り >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。