プロフィール

日向 夏生

著者:日向 夏生
あるときはソフトウェア開発会社の社長。またあるときはカメラショップの店長。
コンピュータ大好き、写真大好きのおやじでございます。
カメラの機材ネタやワンコネタ、ついでに親ばかネタと節操なく書きつづります。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

<< smc PENTAX F ZOOM 35-105mm F4-5.6 試し撮り | ホーム | お散歩 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実は12月3日にもう一本レンズを落札しておりました。
smc PENTAX FA 28-80mm F3.5-4.7で、こちらも難あり品との説明だったのですが、問題のある部分は現在のデジタル一眼レフではほとんど意味のないスイッチ部分。

これはもらっておいて損はないはず。

そう思って入札し、見事に1000円で落札に成功いたしました。

そのレンズが本日到着。



んで、オークションの商品説明には以下のように書いてあったのです。

*レンズ内は多少細かいチリの様なゴミがありますが比較的きれいな方です。
*AF作動、絞り作動、ズーム作動問題ありません。
*PA<->PSの切替スイッチが破損していますので難あり品です。

三つ目の問題があるということでジャンク品扱いだったのですが、説明に大きな問題がありました。

「比較的きれい」とありますが、はっきりと後玉にクモリが発生しています。
細かいチリのようなゴミと書かれてもそれがクモリだと分かる人はほとんどいないのではないでしょうか。
今回これで勉強したので次回からは必ず出品者に質問するつもり。

「..絞り作動..問題ありません」と書かれていましたが、なんと絞りが開放になりません。
ついでに絞り羽の動作がスムーズではなく、開放にならないだけでなく必要なタイミングできちんと絞りきられないようで、時々露出オーバーになったりするのです。

ジャンク品扱いであったため、クレームは一切受け付けてくれませんでしたが、どうにも納得行きません。

まぁ、北海道からの出品で送料を全国一律800円にしていたという誠意に免じて今回はすなおにあきらめることにしましたが、ヤフオクの怖さを感じてしまった一品となりました。

と言いつつ、実はレンズにおまけでレンズポーチがついておりました。
なんだかこれはもらってうれしい一品だったので、怒りつつもこのレンズポーチで気分は落ち着いてたりするんですけどね。

最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

<< smc PENTAX F ZOOM 35-105mm F4-5.6 試し撮り | ホーム | お散歩 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。