プロフィール

日向 夏生

著者:日向 夏生
あるときはソフトウェア開発会社の社長。またあるときはカメラショップの店長。
コンピュータ大好き、写真大好きのおやじでございます。
カメラの機材ネタやワンコネタ、ついでに親ばかネタと節操なく書きつづります。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

<< smc PENTAX FA 28-80mm F3.5-4.7 | ホーム | smc PENTAX FA 28-80mm F3.5-4.7 を無理して使う >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は35-80mmのレンズをK100Dにくっつけて、お散歩にでかけてきました。

さすがにずいぶんと寒い日が多くなっていますので、まじめに防寒してでかけたのでありました。

当方奈良のど田舎に住んでおりますが、写真を撮って歩くには悪くない被写体が歩いて行ける範囲にたくさんあるのがうれしいところ。

もちろんそれほど有名どころがあるわけではないですが、それでもさすがに古都であることを感じることが可能です。



*K100D
*smc PENTAX F 35-80mm F4-5.6
*F7.1
*1/50秒
*ISO-400
*80mm(120mm)

この写真はF7.1とそれなりに絞ってあり、絞りの形が出るのかと思いきや意外と丸くボケているのに驚いた一枚です。
他社も絞りの枚数を増やしてぼけがきれいに丸くなるようにしはじめたころのレンズなのでしょうか。
レンズの歴史まで調べているわけではないのですが、年代別に他社のレンズも含めて並べてみると面白いのかもしれませんね。

最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

<< smc PENTAX FA 28-80mm F3.5-4.7 | ホーム | smc PENTAX FA 28-80mm F3.5-4.7 を無理して使う >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。