プロフィール

日向 夏生

著者:日向 夏生
あるときはソフトウェア開発会社の社長。またあるときはカメラショップの店長。
コンピュータ大好き、写真大好きのおやじでございます。
カメラの機材ネタやワンコネタ、ついでに親ばかネタと節操なく書きつづります。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

<< レンズエンサイクロペディア開始 | ホーム | TAMRON AF 28-200mm >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
smc PENTAX-F 35-80mmを手放してから日が浅いのに、なぜかあの焦点距離のレンズがヤフオクで目について仕方がありません。

すでに28-200mmがありますので、どうしても必要なレンズと言うわけではないのですが、必要と言うのと欲しいと言うのとはどうも相反するみたい。

理由をあとからくっつけると28-200mmが重過ぎるというのはあるような気がします。
ついでに、18-55mmってのがわたしにとっては短すぎると。

ま、理由はどうあれ、なぜか35-80mmのレンズが再びわたしの手元にやってまいりました。



その名もsmc PENTAX-A 35-80mm F4-5.6

これまたとにかく軽いレンズです。

ついでにマニュアルフォーカスレンズなので、撮影時にピント合わせを手動でやらなければなりません。

まぁ、Mレンズでマニュアルフォーカスはやってたので気にはなりません。Mレンズで忘れがちな露出についてはAレンズではボディ側との組み合わせで勝手にやってくれますのでずいぶんと使い勝手が良くなっています。

さて、またこれでどんな絵が撮れるのか楽しみです。

最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

<< レンズエンサイクロペディア開始 | ホーム | TAMRON AF 28-200mm >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。