プロフィール

日向 夏生

著者:日向 夏生
あるときはソフトウェア開発会社の社長。またあるときはカメラショップの店長。
コンピュータ大好き、写真大好きのおやじでございます。
カメラの機材ネタやワンコネタ、ついでに親ばかネタと節操なく書きつづります。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

<< ISO-6400の衝撃 | ホーム | 神戸花鳥園 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奈良の石上神宮(いそのかみじんぐう)に出かけてきました。

借り物のEOS 5D Mark II35-105mmのレンズをくっつけてパシャパシャとやってまいりました。

ほとんどジャンク品で後玉に汚れが確認できるレンズ。コントラストのきつい切り取り方をすると写りにかなりの影響が出てきます。
また全体的に白っぽく写るコントラストの低下も発生することがあったりで、さすがにこいつはなだめすかしながら使うという類のレンズ。

さすがにちょっとした写真でもごらんのようにコントラストの低下が発生しています。
ただし、これもRAWで撮影しておいて現像の時に調整すればほとんどわからないぐらいの汚れ。
ジャンクとして入手したレンズとしては十分に使えるレンズと考えて良さそうです。

コントラスト低下


そんなこんなでEOS 5D Mark IIを抱えての撮影ですのでどんな絵が撮れるかと楽しみにしながらのお出かけです。

神の遣い


*EOS 5D Mark II
*EF 35-105mm F3.5-4.5
*F8
*ISO-3200
*105mm

これがISO-3200の絵だと言うのですから驚きです。

最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

<< ISO-6400の衝撃 | ホーム | 神戸花鳥園 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。