プロフィール

日向 夏生

著者:日向 夏生
あるときはソフトウェア開発会社の社長。またあるときはカメラショップの店長。
コンピュータ大好き、写真大好きのおやじでございます。
カメラの機材ネタやワンコネタ、ついでに親ばかネタと節操なく書きつづります。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

<< 七夕会 | ホーム | おたふく週間 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、本日の機材話は同時公開の七夕会の話とからめて紹介することにいたしましょう。

過去の機材話は以下の通り。

使用機材について その1
使用機材について その2

と言うわけで、まずは七夕会の記事でも紹介したこの写真から。

お遊戯室


*EOS 10D
*EF 90-300mm F4.5-5.6 USM
*SPEEDLITE 540EZ
*F5.6
*1/125秒
*ISO-800
*300mm(480mm)

データに示したとおり、手ブレ補正のないカメラボディに手ブレ補正のないレンズを使用しています。
望遠レンズのもっとも望遠側(テレ端と言います)を使用しての撮影ですので、480mm相当。
以前お話したとおり、シャッタースピード1/500秒程度出しておかないと手ブレして当たり前の状況です。

が、見ての通り手ブレはほとんど気にならない程度となっているかと思います。
以前も書いたとおり、しっかり構えて撮影するだけで、不足している2段分ぐらいは十分に抑えきれるということが分かっていただけるのではないでしょうか。

というわけで、こ難しい話はおいておくとして、この撮影データを見て、「ん!?」と思ったあなたはするどい!

そうです。前回のあのブレブレ写真の時のシャッタースピードって1/15秒だったんですよね。
ところが今回は、1/125秒と言うスピードが出ています。
同じ場所での撮影なので明るさにそんなに大きな差があるはずがありません。

では、この大きなシャッタースピードの差を生んだのはいったい何かと言うのが今日の機材話でございます。

撮影データにいつもとはちょっと違う「SPEEDLITE 540EZ」と言うのを追加しています。
これが、今回の撮影時に使用したもの。
外部ストロボと呼ばれる機材です。
本体内蔵のストロボがあればこんな機材要らないような気がするかと思いますが、外部ストロボでありがたいのがバウンスと呼ばれる撮影方法。
難しい話は割愛しますが、ここで紹介したような、ストロボを焚いたとは思えないような非常にやさしい光で撮影することができると知っておいていただければよいかと思います。

比較のために、バウンスを使わずに撮影したものを掲載しておきます。

直接照射


*EOS 10D
*EF 90-300mm F4.5-5.6 USM
*SPEEDLITE 540EZ
*F5.6
*1/60秒
*ISO-100
*300mm(480mm)

一番はっきりと分かる違いは、背景となっているお遊戯室の床の色でしょうか。
バウンスを使用しないものは真っ黒につぶれてしまって、まるで真夜中に撮影したかのような印象の写真になってしまっています。
また、お友達の服に息子の影が映りこんでいて、いかにもフラッシュ焚きましたという絵になっていることがわかるかと思います。

まぁ、このあたりはこだわりの有無で評価が大きくかわる部分ですので、こんな違いは気にしないというのも当然ながらありかと思います。

さらに撮影対象が動物であったりすると、そもそもストロボを焚くことが出来ないということもあるかと思いますし、一概にストロボ良いですとは言えませんが、暗いところで撮影するなら単純に補助光としてストロボの光を使うという選択肢はど真ん中ストレートの解決策であるように感じています。
実際写真屋さんで写真を撮る時って、いくつものストロボを様々な方向に反射させて使ってますよね。とにかく写真として成立させるために必要なだけの大量の光を使うというのは、プロが選ぶ方法だと言えるかと思います。

多くのサイトでは、この外部ストロボの前に明るいレンズを使用するという解決策を提示しているところが多いように感じています。
明るいレンズは出てくる絵に直接影響のある被写界深度がものすごく浅くなります。このためピンボケ写真を量産しやすい傾向がある上に、レンズの明るさだけでは足りずに結局ISO感度もかなり上げてやらないとならないという問題を抱えています。

メインの被写体が子どもなど室内撮りを行なう機会が多い場合には、明るいレンズを考える前に、まずはバウンスをさせることが可能な外部ストロボを考えてみるというのは、悪くない選択ではないかと考えています。

最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

<< 七夕会 | ホーム | おたふく週間 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。