プロフィール

日向 夏生

著者:日向 夏生
あるときはソフトウェア開発会社の社長。またあるときはカメラショップの店長。
コンピュータ大好き、写真大好きのおやじでございます。
カメラの機材ネタやワンコネタ、ついでに親ばかネタと節操なく書きつづります。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

<< 橿原昆虫博物館 | ホーム | EF 20-35mm F3.5-4.5 USM >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回マクロレンズでの撮影を行なってからなんだか妙に写真を撮ると言う気になりません。

なんとはなしに室内でわんこの写真を撮ってみました。

写真撮るぞ~と力を入れているわけではなく、なんとはなしに撮ってみるというのも悪くないですね。

脱力わんこ


*EOS 10D
*EF 35-105mm F3.5-4.5
*F4.5
*1/4秒
*ISO-1600
*105mm(168mm)

さすがに黒いわんこです。絞り開放でISO-1600を使用しても1/4秒。
絶対に手ブレ&被写体ブレするような状況ですから、眠りかけで動きが止まったところでなければ見れた写真にはなりません。

先生


*EOS 10D
*EF 35-105mm F3.5-4.5
*F4
*1/30秒
*ISO-800
*72mm(115mm)

こちらは思いっきりアンダーに撮影してあとで現像の時に持ち上げると言うことをやってみました。
これでISO-800でもシャッタースピード1/30秒を確保しています。

そうは言ってもやっぱり室内で黒いわんこを露出するのは難しすぎると言う話なのでしょう。
キャノンのカメラ用にも外部ストロボを準備したいなぁと思う今日この頃。

最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

<< 橿原昆虫博物館 | ホーム | EF 20-35mm F3.5-4.5 USM >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。