プロフィール

日向 夏生

著者:日向 夏生
あるときはソフトウェア開発会社の社長。またあるときはカメラショップの店長。
コンピュータ大好き、写真大好きのおやじでございます。
カメラの機材ネタやワンコネタ、ついでに親ばかネタと節操なく書きつづります。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

<< 室内遊び | ホーム | 春節祭 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもお世話になっているT先生から撮影会のお誘いがありました。
写真に興味を持ち出した息子も一緒に撮影会に参加することに。

ペンタックスのK100Dは息子に使わせるとなるとわたしはEOS 10Dを使うことになります。
キャノン用にはまだ35-105mmしか準備しておらず、撮影会の会場である大阪城公園で撮影を行なうとなると広角側を準備しておいた方が良いかなと言うことで、急遽EF 20-35mm F3.5-4.5 USMを準備することに。

T先生にEOS 5D Mark IIを貸していただき、35mmフルサイズの世界を見せていただいたことにより、キャノン用のレンズとしては常にこの35mm判を考えておこうと思っています。

このブログでもEOS 5D Mark IIを入手したいと宣言しているだけに、準備するレンズもEF-Sタイプのものは頭の中には無かったりします。

ついでに、EOS 10DはAPS-C判でありながらEF-Sレンズは使用できないこともあって、広角側が足りないとなったときに選んだのはやはり20-35mmと言うことになったのでありました。

と言うわけで、20-35mmの試し撮り。

狛犬


*EOS 10D
*EF 20-35mm F3.5-4.5 USM
*F5.6
*1/90秒
*ISO-100
*20mm(32mm)

前回フルサイズボディ14mmのレンズを使ったことを思えば、20mmといえども35mm換算で32mm程度。
ごく普通の画角です。
ちょっと寄って遠近感を強調してみたり、素直に広めに撮ってみたりと試してみています。

夕日


*EOS 10D
*EF 20-35mm F3.5-4.5 USM
*F6.7
*1/1500秒
*ISO-100
*20mm(32mm)

発色も素直。空の微妙な諧調もきれいに写し取っているようです。
今のところ気に入らないところが発見できないええ感じのレンズです。

最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

<< 室内遊び | ホーム | 春節祭 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。