プロフィール

日向 夏生

著者:日向 夏生
あるときはソフトウェア開発会社の社長。またあるときはカメラショップの店長。
コンピュータ大好き、写真大好きのおやじでございます。
カメラの機材ネタやワンコネタ、ついでに親ばかネタと節操なく書きつづります。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

| ホーム |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EOS 10Dでは接写が出来るようになりましたが、K100Dではまだできないので、今度はK100D50mm Mレンズ用にクローズアップレンズを準備してみました。

smc PENTAX-M 50mm F1.4と組み合わせて使用することになるのですが、F1.4を使っている段階でたいがいピントが薄いところにこのクローズアップレンズを組み合わせるとほとんどピントなんてあってないような感じになることが分かってしまいました。

そのため、絞り開放で使用するのではなく、2段、3段と絞った上でクローズアップレンズと組み合わせて使用しないとなりません。

意外と使いづらいかも。

それに、思ったほど接写が効いている様な気もしません。実際使ってみるとレンズ端からでもかなり距離があるところまでしかピントが合いません。
EOS 10Dの接写リングを35mmと組み合わせたときのようなレンズ端からほとんどゼロと言うことにはなってきません。

よくよく調べてみると、50mmとの組み合わせでは1:2.8程度の接写しか出来ないことがわかってしまいました。

これでは、EOS 10Dエクステンションチューブの組み合わせに慣れてしまった目からすると足りなさすぎます。ううむ。

梅


*K100D
*smc PENTAX-M 50mm F1.4
*F5.6
*1/180秒
*ISO-400
*50mm(75mm)

最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

スポンサーサイト


機会があるごとにエクステンションチューブを使用した写真を撮っています。

今のところ、接写と言うよりは、90-300mmの最短撮影可能距離を大幅に短くすると言う使い方をしているような気がしてきました。

エクステンションチューブは接写と言うよりはこの最短撮影可能距離をとにかく短くする機材であって、最短撮影可能距離が短くなるのでマクロ撮影みたいなことができるのだと言うことがだんだんとわかってきたような気がします。

と言うわけで、今日は雨。

雨があがったわずかな時間を狙って花についた水玉を狙ってみました。

が、なかなか思ったような水玉を撮る事ができません。まだまだ精進が必要ですね。

水玉


*EOS 10D
*EF 90-300mm F4.5-5.6 USM
*F4.5
*1/350秒
*ISO-1600
*105mm(168mm)


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

早速エクステンションチューブで遊んでいますが、いまいちまだうまいこと撮れたような気がしません。

シャッタースピードはどの程度確保しておけばよいのかといった基本的なこともよくわかっていませんし、組み合わせるレンズはどんなものが良いのかといったこともまだまだ。

今のところ手持ちのレンズだと35-105mm90-300mmのいずれかを使うことになります。

35-105mmの場合はレンズにほとんど接触せんばかりの位置でもなんとかピントが合うことはわかりました。

さらにピントリングでピントを合わせるというよりも、ズームリングでピントを合わせるのだということもわかってきました。

ただ、それがわかってくるだけで思ったような絵が撮れるかと言うとそんなこともなく、まだまだ試行錯誤が続きそうな感じです。

わた毛


*EOS 10D
*EF 90-300mm F4.5-5.6 USM
*F4.5
*1/125秒
*ISO-800
*145mm(232mm)


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

マクロレンズを返してからマクロ撮影からは完全に遠ざかっていました。(当たり前)

いつもお世話になっているT先生が今度はエクステンションチューブをプレゼントしてくれることになりました。

そもそもエクステンションチューブってなんだかさっぱりわかっていなかったので、先生が「エクステンションチューブいらないか?」とおっしゃってくださったもののハテナ状態。

ちょっとネットで調べさせてもらいまして、標準的なレンズにエクステンションチューブをくっつけると最短撮影可能距離が思いっきり短くなって、マクロ撮影ができるようになるとのこと。

逆に遠くにピントが合わなくなりますが、このエクステンションチューブをつけたりはずしたりすることで撮れる対象がものすごく増えるということがわかり、早速先生に「もらいます!」と返事を。

そんなこんなでそのエクステンションチューブを本日受け取ってきました。

マクロ撮影


*EOS 10D
*EF 90-300mm F4.5-5.6 USM
*F32
*30秒
*ISO-100
*110mm(176mm)

まずは娘のおもちゃのなかから小さめのものを探し出してきて、三脚おいて撮影です。
こんな長い焦点距離のレンズを使うとワーキングディスタンスがけっこう確保出来ていい感じ。

これでまたマクロ撮影も可能になってきました。
他のレンズにもくっつけて楽しんでみますよ~。


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

こんな絵は一度も撮ったことなかったですね。

朝食


*K100D
*smc PENTAX-FA 50mm F1.4
*F2
*1/125秒
*ISO-800
*50mm(75mm)

最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

キャノンEOS 10DとペンタックスK100Dの2台体制がほぼ整い、使うレンズ、使わないレンズと分かれてきたようです。

以前整理を決めたと言いつつ、売る決心がついていなかったレンズたちを放出することに決定。

ヤフオクで売却する前に最後の撮影にこのレンズたちを連れて行くことにしました。

木立の間に


*K100D
*smc PENTAX-M 75-150mm F4
*F4
*1/350秒
*ISO-200
*150mm(225mm)

夕日


*K100D
*smc PENTAX-A 35-80mm F4-5.6
*F13
*1/1000秒
*ISO-200
*35mm(52mm)


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

ここまでEOS 10Dで使っていたレンズは広角と標準の2本だけ。

望遠レンズは準備していませんでした。

EOS 10Dもどうやら長く使うことになるカメラのようですし、一通り300mmあたりまではそろえておくことにしました。

プラマウントの安いレンズを見つけましたので早速購入。

EF 90-300mm F4.5-5.6 USM

試し撮りです。

水のみ場


*EOS 10D
*EF 90-300mm F4.5-5.6 USM
*F8
*1/500秒
*ISO-400
*115mm(184mm)

光


*EOS 10D
*EF 90-300mm F4.5-5.6 USM
*F4.5
*1/750秒
*ISO-400
*90mm(144mm)

遊具


*EOS 10D
*EF 90-300mm F4.5-5.6 USM
*F4.5
*1/1000秒
*ISO-400
*90mm(144mm)

安いレンズではありますが、意外なほど味の出るレンズのようです。
レンズ自体もクリアですし、これは値段の割にいい買い物をしたかもしれません。


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

何やらお出かけしての撮影が続いて、ちょっと気が抜けてしまったような日々が続いておりました。

そんなときに「被写体はどこにでもある」と言う一文を見つけました。

それこそ家の中やほんの数歩外に出たところにも被写体はあるはずということで、いろいろと試してみました。

かげ


*K100D
*smc PENTAX FA 50mm F1.4
*F3.5
*1/250秒
*ISO-200
*50mm(75mm)

玄関


*K100D
*smc PENTAX FA 50mm F1.4
*F1.4
*1/20秒
*ISO-200
*50mm(75mm)


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

先生に誘われて近江八幡に撮影会に出かけてきました。

今回は近江商人屋敷で行なわれている人間ひな祭りや趣のある街並みを撮影するのが目的です。

近江商人屋敷


*EOS 10D
*EF 100mm F2.8 MACRO
*F2.8
*1/750秒
*ISO-1600

灯り


*EOS 10D
*EF 35-105mm F3.5-4.5
*F4
*1/60秒
*ISO-400
*66mm(106mm)

撮影会を終了し、今度こそマクロレンズを先生にお返ししました。

これでしばらくマクロ撮影とはお別れ。なんとなく安いマクロレンズを見つけてしまったら思わず買ってしまいそうな予感です。


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

南部梅林へ梅を撮影しに行って来ました。

先生から借りているマクロレンズもそろそろ返さねばなりません。
撮りおさめとでも言うのでしょうか。少々遠出して心行くまでこのレンズを使ってきました。

梅


*EOS 10D
*EF 100mm F2.8 MACRO
*F2.8
*1/1000秒
*ISO-100
*100mm(160mm)

開く前


*EOS 10D
*EF 100mm F2.8 MACRO
*F2.8
*1/125秒
*ISO-100
*100mm(160mm)


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
下のランキングのボタンをポチッと行ってくださると、ものすごく喜びますのでどうぞよろしくお願いもうしあげます!

| ホーム |


 ホーム  »次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。